スポーツ向け帽子

スポーツ向け帽子が最近では動きが芳しく有りません。

まずゴルフ関連については帽子の注文は年々減ってます。新規にゴルフやろうとする参入者が年々減少してますし、ゴルフ自体が高年齢のスポーツに成って、若い人が参入しなく成っているのも一つの原因かと思います。

(少しの間、アベノミクス効果で中年向けの高いクラブが良く売れた様ですが、
株価が下がってからは此れも売れ行きが落ちたと聞いております。)

テニス人口も錦織の活躍にも関わらず減ってます。

私はテニスも、ゴルフもクラブの会員権を若い頃に買って、ずっと続けていますが
会員数はどっちも減り続けてます。若い人の新規参入が無い。

御多分に洩れず私の3人の娘もしてません
年を取って退会する人達ばかりです

反対に「グランドゴルフ」の方は年々盛んに成っている様です。
歳はゴルフよりは高年齢の人が主ですけれども、70歳を過ぎた年齢の人口割合が増えるに従って競技人口が伸びてます。

また、登山やジョキングの競技人口は年齢にかかわらず伸びてます。

オリンピックで多少競技人口の増える種目が有るかもしれませんが
帽子をかぶるかどうかは別問題。期待出来ません。参加人口が増えても帽子をかぶらない種目が多い。

やはり観客にかぶって貰わなければ・・・。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ