船釣り

初めて船釣りをしたのは、仕事の絡みで仕入れ先にキス釣りをしに三重県尾鷲に
行った事が有ります。仕立て船で3人で乗船しました。

道具は安物のセットを釣具店で買って揃えました。天気も良くキスと、ガッチョ{ヌメリゴチ}が良く釣れました。
外道で小さなタコ2,3匹釣った記憶が有ります。このメンバーで真夏に明石の真ダコ釣り、べラ釣り、真冬にイイダコ釣りも行きました。
何時も仕立て船で豊漁でした。

大学時代の友達と伊勢湾へキス釣りに行ったり、親戚と舞鶴へイカ釣りにも行きました。
全て贅沢ですが、仕立て船です、乗り合いの船は同船者が多く殆ど釣れません。

魚の量質も金次第で世間の常識と同じです。何回か乗り合いの釣り船に乗りましたが
釣れた事は先ず有りません。元手を掛けないで収獲は見込めません。

川釣りは船釣り程金は掛かりませんが、出来るだけ都会から離れる事が肝心。
周りに人が居なければ、半分位釣れた様な物です。

此れもひょんな事ですが、仕事の付き合いで電動リールを使った、大物釣り(真鯛、黒ソイ,カンパチ、ヒラメ、ブリ)に連れて貰いました。
其の日、私一人だけ大釣りしました。

此の日以降何十回通ってますが、こんなに(数、サイズ共}大釣りした記憶がありません。
サイズが大きい大物は何匹も釣ってますが、如何せん数とサイズ両方満足した事は無いんです。

その場所は兵庫県の香住港です。
此の後色んな人達と、年に4,5回、年中色んな魚種(上の他にイカ、アジ、アコウ、メバル、ガシラ、等)を狙って30年近く馴染みの船頭の元へ通ってまいます。
此の船頭は香住一番腕の良いの船頭で、業界で有名な人です。

土曜日は幾つもの釣りクラブの予約が入って居り1年前に予約しないと乗船出来ません。
親戚の甥達を連れ立って通ってましたが、甥達が忙しく、予約を入れるのが難しく成ってから最近ではあんまり行く事が出来ません。
皆の道具を揃える為、竿や電動リールは5,6セット分買い足しました。

随分とお金が掛かる為、釣れ無いと家内に文句を言われますが、釣り過ぎると其の日の解体に時間が掛かり又文句を言われます。
家内の理想は高い魚を大きなサイズの物だけを数匹持って帰って欲しいとの事です。そんなに上手くは行きません。

釣れ過ぎた時には其の日の内に、内臓を出し、パック詰めにした物を月曜日の朝から色んな人に配り歩いています。
残った魚は業務用の冷凍庫を買って、パック詰めにし、何時でも食べれる様にしています。
生魚好きの人が高級料亭に行ったとしても釣り人程新鮮な刺身を食する事は出来ません。

市場を通さ無いので、鮮度が半日から1日以上違います。
其れと釣った魚は船の上で一匹ずつバケツに入れて血抜きをしてます。
一般に漁師は魚に傷が付くのでしない、船上で血抜きをしてからクーらに入れる為生臭さが無い。
市場を通す鮮魚と一番違う処です。

しかるに私は生魚が嫌いです。
好きなのは一夜干しの欲し魚。
意味が無い、仕方無いのですが刺身は苦手です。

釣った魚を一日昆布と酢で締めたのを、山葵をタップリ効かせて、
普通のご飯で海苔巻をしてから、熱燗の日本酒で頂くのが釣り師の冥利です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ